プレミアリーグ ~ヤフーニュースにもならない小ネタ集め~

蹴球日誌 ~ヤフーニュースにもならない小ネタ集め~

日々のサッカーの楽しみについて書いていきます!

セルティックに移籍した古橋のコメント【公式HP】

f:id:NIN-NIKU:20210801141038p:plain

画像:https://twitter.com/Kyogo_Furuhashi/status/1421132944652046336/photo/1

 

2021.8.1作成

2021年7月にヴィッセル神戸からスコットランドセルティックに移籍した古橋享吾(26)のコメントをセルティック公式HPが載せてましたので日本語訳にて紹介します。

かつて中村俊輔が活躍したクラブでどれほどプレーできるか楽しみです。

 

セルティック公式HP:Kyogo Furuhashi joins Celtic | celticfc.com

 

DAZN

 

日本のヴィッセル神戸から4年契約で移籍した日本代表 古橋享梧はセルティックに加入したことを喜んでいる。

この26歳アタッカーは初めて緑と白のユニホームに袖を通すことを楽しみにしており、背番号は8となる。この番号はセルティックの近年の歴史のシンボル的な番号であると同時に古橋自身にとっても重要な番号である。

古橋はスコットランドに希望をもって到着してセルティック公式ウェブサイトにコメントした。

セルティックの選手になれて本当に嬉しい。監督やチームメイトと仕事をするのこと、そして素晴らしいサポーターのためにプレーすることが待ちきれない。スコットランドセルティックへの移籍は僕にとって重要なことで興奮している。」

「この番号がセルティックのファンにとって重要なことは知っている。長らくスコット・ブラウンが着けていたもので、クラブのヒーローの一人だ。彼がクラブに与えたものは良く知っている。」

「スコットは本物のレジェンドでこのユニホームで多くの成功を飾っている。この番号を付けることは僕にとって大きなモチベーションになるし出来る全ての全力を尽くすよ。」

「またこの番号は元チームメイトであるアンドレス・イニエスタが着けていたものだ。アンドレスの近くでプレーできて友人と呼べるのは特権だよ。」

「二人の偉大な選手が着けた番号は多くの意味を持つし誇りだ。それを証明するためにハードワークするよ。」

「ただ、背番号が僕を表すわけではない。ここはセルティックであり、偉大なクラブに加わった。ハードワークして、チームメイトを知り、フットボールを楽しみ、監督と仕事をして、サポーターに全てを捧げるよ。」

 

 

 

 

 

↓クリックいただけると励みになります&他の方のブログも見れます↓

  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

スポンサーリンク