プレミアリーグ ~ヤフーニュースにもならない小ネタ集め~

蹴球日誌 ~ヤフーニュースにもならない小ネタ集め~

日々のサッカーの楽しみについて書いていきます!

歴代得点王TOP3 プレミアリーグ 2000年以降まとめ【画像あり】

white stage

2021年9月18日 作成

2022年1月10日 更新

 

■はじめに

本記事では2000年以降プレミアリーグの歴代得点王TOP3をまとめてみました。

多くのゴールを演出してきた名選手をあらためて確認しましょう。

 

DAZN

 

 

■2020/2021シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ハリー・ケイン 23 トッテナム
2位 ハメド・サラー 22 リヴァプール
3位 ブルーノ・フェルナンデス 18 マンチェスターユ・ナイテッド

トッテナムで活躍するイングランド代表FWハリー・ケイン【写真:AP】

画像: https://www.football-zone.net/archives/308724

 

ハリー・ケインは自身3度目のプレミアリーグ得点王を獲得し、リーグ戦35試合23得点14アシストでリーグ年間ベストイレブンに選出されました。シーズン終了後はマンチェスターシティへの移籍を望みますが、最終的にはトッテナム残留となりました。

 

 

■2019/2020シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ジェイミー・ヴァーディ 23 レスターシティ
2位 ピエール=エメリク・オーバメヤン 22 アーセナル
2位 ダニー・イングス 22 サウサンプトン
3位 ラヒーム・スターリング 20 マンチェスター・シティ

ジェイミーヴァーディプレミアリーグ2019-2020シーズンのトップスコアラー

画像:  https://voi.id/ja/sports/9610/jamie-vardy-top-scorer-in-premier-league-2019-2020-season-ja

 

ジェイミー・ヴァーディは2015/2016シーズンのレスターシティの奇跡の優勝で一躍有名になりました。しかし、意外と(?)得点王は獲得したことがなく、2019/2020シーズンについに得点王となりました。33歳での得点王は2009/2010シーズンのディディエ・ドログバの32歳を超え、最年長となりました。

 

 

■2018/2019シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ピエール=エメリク・オーバメヤン 22 アーセナル
1位 サディオ・マネ 22 リヴァプール
1位 ハメド・サラー 22 リヴァプール
2位 セルヒオ・アグエロ 21 マンチェスター・シティ
3位 ジェイミー・ヴァーディ 18 レスターシティ

4試合で5得点の大活躍! オーバメヤン、プレミア月間最優秀選手に輝く

画像:https://www.excite.co.jp/news/article/Soccerking_988856/

 

オーバメヤンは2018年1月にドルトムントからアーセナルに移籍しました(移籍金は当時のクラブ史上最高金額)。背番号はアーセナルのレジェンドであるティエリ・アンリと同じ14。フルシーズン参戦となった2018/2019シーズンにサディオ・マネとモハメド・サラーとともに22得点を獲得し、得点王となりました。

 

 

■2017/2018シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ハメド・サラー 32 リヴァプール
2位 ハリー・ケイン 30 トッテナム
3位 セルヒオ・アグエロ 21 マンチェスター・シティ

画像:  https://qoly.jp/2018/02/14/mohamed-salah-left-foot-data-kwm-1

 

ハメド・サラーは2017/2018シーズンにASローマから移籍してきました。ちなみにリヴァプールのクロップ監督自身が望んだ移籍でなかったようですが、それが杞憂だったことがのちの活躍で明らかになりました。移籍初シーズンからチームの中心として活躍し、ハリー・ケインの30得点を上回る32得点で得点王となりました。またプレミアリーグ年間最優秀選手にも選出されました。

 

 

■2016/2017シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ハリー・ケイン 29 トッテナム
2位 ロメル・ルカク 25 エバートン
3位 アレクシス・サンチェス 24 アーセナル

画像:https://qoly.jp/2017/01/18/harry-kane-said-that-it-was-silly-if-any-of-our-players-went-out-here-kgn-1

 

ハリー・ケインは2015/2016に続く2シーズン連続の得点王を獲得しました。トッテナムも優勝争いに絡みましたが、勝ち点86で惜しくも2位となりました(優勝は勝ち点93を稼いだチェルシー)。

 

 

■2015/2016シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ハリー・ケイン 25 トッテナム
2位 ジェイミー・ヴァーディ 24 レスターシティ
2位 セルヒオ・アグエロ 24 マンチェスター・シティ
3位 ロメル・ルカク 18 エヴァートン

01_ハリー・ケイン

画像: https://shooty.jp/8119

 

2015/2016シーズン、ハリー・ケインは背番号を18から10に変更して臨んだシーズンでした。ヴァーディとアグエロを抑えて得点王を獲得し、トッテナム所属選手としては1992/1993シーズンのテディ・シェリンガム以来でした。

 

 

 

■2014/2015シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 セルヒオ・アグエロ 26 マンチェスター・シティ
2位 ハリー・ケイン 21 トッテナム
3位 ディエゴ・コスタ 20 チェルシー

画像:https://livedoor.blogimg.jp/feketerigo7420/imgs/5/b/5b60240c.jpg

 

セルヒオ・アグエロは2011/2012にアトレティコ・マドリードからマンチェスター・シティに電撃移籍をしました(アグエロが一方的に退団発表を行い、レアル・マドリードユヴェントスなどが興味を示していました)。マンチェスター・シティには2020/2021シーズンまで在籍し、最後は円満退団となりました(バルセロナへ移籍)。

 

 

■2013/2014シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ルイス・スアレス 31 リヴァプール
2位 ダニエル・スタリッジ 21 リヴァプール
3位 ヤヤ・トゥーレ 20 マンチェスター・シティ

画像:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?137651-137651-fl

 

2013/2014シーズンのルイス・スアレスは圧巻の得点力を示しました。開幕直後は6試合停止(前シーズン末の嚙み付き事件のため10試合出場停止)、かつPK無しにもかかわらず、リーグ戦で31得点を獲得しました。リヴァプールにおいてプレミアリーグ創設後の初優勝を目指す動力源となりました(優勝はマンチェスター・シティ)。

 

 

■2012/2013シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ロビン・ファン・ペルシ 26 マンチェスター・ユナイテッド
2位 ルイス・スアレス 23 リヴァプール
3位 ガレス・ベイル 21 トッテナム

persei0907.jpg

画像:http://soccertentyou.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

 

8年間過ごしたアーセナルに別れを告げてライバルチームであるマンチェスター・ユナイテッドに移籍した初年度。ロビン・ファン・ペルシはチームの中心として得点を量産し、2年連続の得点王となりました。

 

 

■2011/2012シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ロビン・ファン・ペルシ 30 アーセナル
2位 ウェイン・ルーニー 27 マンチェスター・ユナイテッド
3位 セルヒオ・アグエロ 23 マンチェスター・シティ

f:id:NIN-NIKU:20210912150536p:plain

画像:https://ameblo.jp/webstyleking/image-11294567101-12062923391.html

 

ロビン・ファン・ペルシは2011/2012のキャプテンに就任して臨んだシーズンでした。チームはなかなか調子が上がらない中(最終的にはリーグ3位)、30得点をマークし得点王、さらにリーグ最優秀選手に選ばれました。シーズン終了後にアーセナルとの契約を延長しないことを発表し、マンチェスター・ユナイテッドに移籍しました。

 

 

■2010/2011シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 カルロス・テベス 20 マンチェスター・シティ
1位 ディミタール・ベルバトフ 20 マンチェスター・ユナイテッド
2位 ロビン・ファン・ペルシ 18 アーセナル
3位 ダレン・ベント 17 アストン・ヴィラ

f:id:NIN-NIKU:20210912151623p:plain

画像:https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201102230003-spnavi

 

2010/2011シーズンはマンチェスターの2チームから得点王が誕生しました。このうち、カルロ・テベスはこれら2チームでプレーした選手です。得点王だけでなく、マンチェスター・シティに初のCL出場権獲得に貢献し、35年ぶりのタイトル(FA杯優勝)をもたらしました。

 

 

■2009/2010シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ディディエ・ドログバ 29 チェルシー
2位 ウェイン・ルーニー 26 マンチェスター・ユナイテッド
3位 ダレン・ベント 24 サンダーランド

Didier Drogba - Didier Drogba Photos - Liverpool v Chelsea - Premier League - Zimbio

画像:https://www.zimbio.com/photos/Didier+Drogba/JkNPfm6CoBp/Liverpool+v+Chelsea+Premier+League

 

ディディエ・ドログバは大舞台に強いストライカーで有名です。得点王となった2009/2010シーズンはチェルシーのリーグ優勝を決める最終節のハットトリックを決めました。さらに2シーズン後の2011/2012シーズンのCL決勝では同点弾を決め、PK線の最終キッカーとして優勝を決めました。これらの得点によりドログバは大舞台に強いと言われるようになりました。

 

 

■2008/2009シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ニコラ・アネルカ 19 チェルシー
2位 クリスティアーノ・ロナウド 18 マンチェスター・ユナイテッド
3位 ティーヴン・ジェラード 16 リヴァプール

<チェルシー・ポルト>後半3分、右足で先制ゴールを決めるアネルカ

画像:https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/09/17/gazo/G20090917Z00001690.html

 

チェルシーニコラ・アネルカディディエ・ドログバ の2トップは強力でした。リーグは惜しくも3位でしたがニコラ・アネルカは得点王を、ディディエ・ドログバ は翌シーズンに得点王を獲得しました。

 

 

■2007/2008シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 クリスティアーノ・ロナウド 31 マンチェスター・ユナイテッド
2位 フェルナンド・トーレス 24 リヴァプール
2位 エマニュエル・アデバヨール 24 アーセナル
3位 ロケ・サンタ・クルス 19 ブラックバーン

画像:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?212884-212884-fl

 

クリスティアーノ・ロナウドの歴史は2007/2008シーズンから始まったともいえるかもしれません。このシーズンはリーグ優勝・リーグ得点王・CL優勝・CL得点王と凄まじい功績をあげてバロンドールを受賞しました。シーズン終了後にはレアル・マドリードへの移籍話が上がりましたが、結局移籍したのは翌シーズン終了後となりました。

 

 

■2006/2007シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ディディエ・ドログバ 20 チェルシー
2位 ベネディクト・マッカーシー 18 ブラックバーン
3位 クリスティアーノ・ロナウド 17 マンチェスター・ユナイテッド

FOOTBALL 2006-2007 Premiership Chelsea-Portsmouth Didier Drogba

画像:https://www.eurosport.com/football/premiership/2006-2007/drogba-form-due-to-holiday_sto1000175/story.shtml

 

ディディエ・ドログバはフランスのマルセイユで頭角を現しました。そして2004/2005シーズンにモウリーニョ監督とともにチェルシーへ加入しました。加入後3シーズン目はウクライナの至宝 アンドリュー・シェフチェンコと2トップを組み、リーグ20得点を挙げました。

 

 

■2005/2006シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ティエリ・アンリ 27 アーセナル
2位 ルート・ファン・ニステルローイ 21 マンチェスター・ユナイテッド
3位 ダレン・ベント 18 チャールトン・アスレティック

画像:https://blog.goo.ne.jp/goo20020815/e/11d5904d683a34290c7743547fc5898e

 

ティエリ・アンリは1999/2000シーズンにユヴェントスからヴェンゲル監督率いるアーセナルに加入しました。アーセナルでは通算254試合174ゴールを挙げています。2005/2006シーズンはキャプテンに就任し、3年連続の得点王となりました。

 

 

■2004/2005シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ティエリ・アンリ 25 アーセナル
2位 アンディ・ジョンソン 21 クリスタル・パレス
3位 ロベール・ピレス 14 アーセナル

f:id:NIN-NIKU:20210912162403p:plain

画像:https://twitter.com/Footballclubpk/status/1185536793070002176/photo/1

 

2004/2005シーズンのティエリ・アンリはリーグ25得点を挙げて2年連続の得点王となりました。さらに所属クラブのアーセナルは前シーズンから続く無敗記録を49試合に伸ばしてプレミアリーグ記録を打ち立てました。

 

 

■2003/2004シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ティエリ・アンリ 30 アーセナル
2位 アラン・シアラー 22 ニューカッスルU
3位 ルート・ファン・ニステルローイ 20 マンチェスター・ユナイテッド
3位 ルイ・サハ 20 マンチェスター・ユナイテッド

f:id:NIN-NIKU:20210912163006p:plain

画像:https://www.fourfourtwo.com/features/greatest-individual-seasons-thierry-henry-makes-arsenal-invincible-200304

 

2003/2004シーズンのアーセナルは26勝12引き分けの無敗優勝を成し遂げ、いわゆる「インビンシブルス(The Invincibles:無敵)」と称されます。リーグの得点王もアーセナルティエリ・アンリが獲得し、アンリはバロンドール投票で2位を獲得しました(1位はユベントスネドヴェド)。

 

 

■2002/2003シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ルート・ファン・ニステルローイ 25 マンチェスター・ユナイテッド
2位 ティエリ・アンリ 24 アーセナル
3位 ジェームズ・ビーティー 23 サウサンプトン

Ruud van Nistelrooy (pictured in 2003) is rooting for Jamie Vardy to equal his record from 12 years ago

画像:https://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-3327091/Ruud-van-Nistelrooy-wishes-Jamie-Vardy-good-luck-Instagram-Leicester-City-striker-aims-equal-Manchester-United-forward-s-10-game-goalscoring-record.html

 

ルート・ファン・ニステルローイは2001/2002シーズンにマンチェスター・ユナイテッドに加入し、いきなり23得点を挙げました。そして、2シーズン目の2002/2003シーズンはついにリーグ得点王となるだけでなく、CLでも得点王となり、世界トップクラスのストライカーになりました。

 

 

■2001/2002シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ティエリ・アンリ 24 アーセナル
2位 ジミー・フロイド・ハッセルバインク 23 チェルシー
2位 ルート・ファン・ニステルローイ 23 マンチェスター・ユナイテッド
3位 マイケル・オーウェン 19 リヴァプール

Thierry Henry, Arsenal goal in 2001/02

画像:https://www.premierleague.com/gallery/662547

 

アーセナルへの加入直後のティエリ・アンリのポジションは左ウイングでしたが、ヴェンゲル監督はセンターフォワードにコンバートしました。この判断が見事的中し、のちの偉大なストライカーを生み出すことになりました。2001/2002シーズンは得点王、クラブはリーグ優勝&FAカップ優勝と二冠を達成しました。

 

 

■2000/2001シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ジミー・フロイド・ハッセルバインク 23 チェルシー
2位 マーカス・スチュワート 19 イプスウィッチ・タウン
3位 ティエリ・アンリ 17 アーセナル
3位 マーク・ヴィドゥカ 17 リーズU

画像:https://qoly.jp/2021/05/04/5-greatest-chelsea-strikers-of-all-time-kgn-1

 

元オランダ代表のジミー・フロイド・ハッセルバインクは2000-2004年にチェルシーに在籍しました。在籍初年度から23得点を挙げリーグ得点王となりました。2004年にチェルシーの監督となったモウリーニョは、当時移籍候補だったハッセルバインクの残留を強く望みましたが、そのままミドルズブラへ移籍となりました。

 

 

 

 

以上

 

 

■あわせてどうぞ

プレミアリーグのアシスト王をまとめています。

nin-niku.hatenablog.com

 

 

Jリーグ(J1)の得点王をまとめています。 

nin-niku.hatenablog.com

 

 

海外サッカーを観るならDAZNがおすすめです。 

nin-niku.hatenablog.com

 

スポンサーリンク