プレミアリーグ ~ヤフーニュースにもならない小ネタ集め~

NIN-NIKU屋

サッカーと育児を中心に日々の楽しみを書いて参ります。

歴代得点王ランキングTOP3 J1(Jリーグ) 2000年以降 まとめ【画像あり】

white stage

2022年1月2日 作成

 

■はじめに

本記事では2000年以降Jリーグ(J1)の歴代得点王ランキングのTOP3をまとめてみました。

多くのゴールを演出してきた名選手をあらためて確認しましょう。

 

DAZN

 

 

■2021シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 前田大然 23 横浜FM
1位 レアンドロ・ダミアン 23 川崎フロンターレ
2位 古橋亨梧 15 ヴィッセル神戸
3位 上田綺世 14 鹿島アントラーズ

f:id:NIN-NIKU:20220101201408p:plain

画像:https://www.football-zone.net/archives/359687


前田大然は2016年にプロデビューし、2021年にJ1リーグ史上2番目の若さ(24歳)で得点王を獲得しました。松本山雅水戸ホーリーホックCSマリティモ(ポルトガル)、横浜FMを経てスピードを生かした得点力が爆発。2021年終了後に2度目の海外挑戦となるセルティックにローン移籍しました。

 

 

■2020シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 オルンガ 28 柏レイソル
2位 エヴェラウド 18 鹿島アントラーズ
3位 レアンドロペレイラ 15 サンフレッチェ広島

f:id:NIN-NIKU:20220101202809p:plain

画像:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/10/17/___split_101/

 

オルンガはケニアでプロ生活をスタートさせ、2018年から日本でプレーしました。なお、オルンガはケニア人初のJリーガーとなりました。2020年は2位に10得点差をつけてJ1得点王を獲得し、アフリカ人初のJリーグMVPを獲得し、シーズン終了後にカタールのアル・ドゥハイルSCに移籍しました。

 

 

■2019シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 仲川輝人 15 横浜FM
1位 マルコス ジュニオール 15 横浜FM
2位 ディエゴ・オリヴェイラ 14 FC東京
2位 ドウグラス 14 清水エスパルス
3位 鈴木武蔵 13 北海道コンサドーレ札幌
3位 小林悠 13 川崎フロンターレ
3位 ダビド・ビジャ 13 ヴィッセル神戸

f:id:NIN-NIKU:20220101204434p:plain

画像:https://www.jleague.jp/j-tano/1887

 

仲川輝人は2015年から横浜FMに所属するもローン移籍を繰り返し、本格的に横浜FMでシーズンを過ごすのは2018年からでした。そして2019年はリーグ優勝・得点王・MVPを獲得しました。なお、同じチームのマルコス・ジュニオールも得点王を獲得し、同一チームからの得点王はJリーグ初の出来事でした。

 

 

■2018シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ジョー 24 名古屋グランパス
2位 パトリック 20 サンフレッチェ広島
3位 ファン・ウィジョ 16 ガンバ大阪

f:id:NIN-NIKU:20220102150711p:plain

画像:https://nagoya-grampus.jp/news/misc/2018/0809post-1024.php

 

2014年W杯に出場した元ブラジル代表のジョーは2017年コリンチャンスにてブラジル代表1部リーグの得点王&MVPを獲得し、2018年に1100万ユーロ(約15億円)で名古屋グランパスに加入しました。加入初年度から得点を重ねJ1リーグでも24得点で得点王となり、名古屋グランパスのJ1残留に大きく貢献しました。

 

 

■2017シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 小林悠 23 川崎フロンターレ
2位 杉本健勇 22 セレッソ大阪
3位 興梠慎三 20 浦和レッズ

f:id:NIN-NIKU:20220102152110p:plain

画像:https://www.jleague.jp/j-tano/1121


小林悠は2010年から川崎フロンターレに所属し、2017年から中村憲剛からキャプテンを引き継ぎました。Jリーグ屈指のラインブレーカーであり、毎シーズンコンスタントに得点を重ねてきて、2017年ついに得点王を獲得しました。以外にも(?)身長177cmながらポストプレーも得意としており、川崎フロンターレのパスサッカーに欠かせない存在となっています。

 

 

■2016シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 レアンドロ 19 ヴィッセル神戸
1位 ピーター・ウタカ 19 サンフレッチェ広島
2位 クリスティアーノ 19 柏レイソル
3位 小林悠 16 川崎フロンターレ
3位 大久保嘉人 15 川崎フロンターレ

f:id:NIN-NIKU:20220102153226p:plain

画像:https://www.vissel-kobe.co.jp/news/article/12153.html


レアンドロは2005年からブラジル、日本、カタールを経て、2度目の日本で2020年までプレーし、日本で現役を引退した選手です。ヴィッセル神戸には2015~2018年に在籍し、ペドロ・ジュニオール渡邉千真らとゴールを量産し、得点王を獲得しました。その後は怪我に泣かされて、スパイクを脱ぐことになりました。

 

 

■2015シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 大久保嘉人 23 川崎フロンターレ
2位 ドウグラス 21 サンフレッチェ広島
3位 宇佐美貴史 19 ガンバ大阪

f:id:NIN-NIKU:20220102155240p:plain


2度のW杯に出場し、セレッソ大阪ヴィッセル神戸川崎フロンターレで得点を量産した大久保嘉人は日本を代表するストライカーです。2022年1月現在 J1通算191得点は歴代1位の記録です。前線の複数のポジションを高いレベルでこなすことが出来ますが、川崎フロンターレでは風間監督のもと得点にフォーカスすることで、Jリーグ史上初の3年連続の得点王を獲得しました。

 

 

■2014シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 大久保嘉人 18 川崎フロンターレ
2位 豊田陽平 15 サガン鳥栖
3位 マルコス・ゴメス 14 ヴィッセル神戸

f:id:NIN-NIKU:20220102160433p:plain

画像:https://twitter.com/tosu_city/status/528909919118819328

 

豊田陽平はその日本人離れしたフィジカルから「ドログバ」というニックネームがあるストライカーです。ちなみに、モンテディオ山形時代のコーチがドログバ命名したそうです。サガン鳥栖で得点能力が開花し、3シーズン連続で15得点とサガン鳥栖のJ1定着に大きく貢献しました。他クラブからの移籍話がある中、サガン鳥栖には2012~2021年の9シーズン在籍しました。

 

 

■2013シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 大久保嘉人 26 川崎フロンターレ
2位 川又堅碁 23 アルビレックス新潟
3位 柿谷曜一朗 21 セレッソ大阪

f:id:NIN-NIKU:20220102161545p:plain

画像:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2013/11/01/post_494/


川又堅碁は2008年からアルビレックス新潟でプロ生活をスタートさせました。2012年のファジアーノ岡山へのローン移籍中に38試合18得点と結果を残し、満を持して臨んだ2013年にリーグ2位のシーン23得点を獲得しました。その後日本代表での活躍も期待されましたが、当時のハリルホジッチ監督の戦術と合わないこともあり、残念ながら定着には至りませんでした。

 

 

■2012シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 佐藤寿人 22 サンフレッチェ広島
2位 豊田陽平 19 サガン鳥栖
3位 赤嶺真吾 14 ベガルタ仙台
3位 レアンドロ 14 ガンバ大阪

f:id:NIN-NIKU:20220102164502p:plain

画像:https://soccermagazine.jp/j1/17365965

 

佐藤寿人Jリーグおよびサンフレッチェ広島を代表するストライカーでした。J1通算得点は大久保嘉人に次ぐ歴代2位の161得点(2022年1月現在)、Jリーグ通算得点220得点は歴代1位です。決して恵まれた体格ではありませんでしたが、1トップを主戦場とし、足元のポストプレーや裏への抜け出しで結果を残し続けました。2004~2015年はJリーグ史上初の12年連続の2桁得点を挙げています。日本代表ではどうしても体を張れる1トップが望まれるため、特徴を活かしきれなかったのが悔やまれます。

 

 

■2011シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ケネディ 19 名古屋グランパス
2位 ハーフナー・マイク 17 ヴァンフォーレ甲府
3位 レアンドロ・ドミンゲス 15 柏レイソル
3位 イ・グノ 15 ガンバ大阪
3位 李忠成 15 サンフレッチェ広島

f:id:NIN-NIKU:20220102165145p:plain

画像:https://nagoya-grampus.jp/game/result/2011/06152011j115vs/

 

元オーストラリア代表のケネディは主にドイツ(1部から4部まで幅広く)でプレーし、2009~2014年に名古屋グランパスに在籍しました。2010年はJ1得点王を獲得し、名古屋グランパスのリーグ初優勝に大きく貢献しました。翌2011年も19得点で、2年連続の得点王を獲得しました。2015年からは母国オーストラリアのメルボルン・シティFCに移籍し、現役を引退しました。

 

 

■2010シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 前田遼一 17 ジュビロ磐田
1位 ケネディ 17 名古屋グランパス
2位 エジミウソン 16 浦和レッズ
2位 マルシオ・リシャルデス 16 アルビレックス新潟
3位 ジュニーニョ 14 川崎フロンターレ
3位 平井将生 14 ガンバ大阪
3位 アドリアーノ 14 セレッソ大阪

f:id:NIN-NIKU:20220102170142p:plain

画像:https://plaza.rakuten.co.jp/ishidiary/diary/20101105/

 

元日本代表の前田遼一は2000~2014年にジュビロ磐田に在籍し、引退後はジュビロ磐田で指導者を務めています。前線からのプレス・味方のスペースを作る動き・正確なポストプレーでチームに貢献する中、2010年に2年連続となるリーグ得点王を獲得しました。なお、2010年にはジュビロ磐田のレジェンドである中山雅史の退団に伴い背番号9を付ける機会があったが辞退したそうです。

 

 

■2009シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 前田遼一 20 ジュビロ磐田
2位 エジミウソン 17 浦和レッズ
2位 ジュニーニョ 17 川崎フロンターレ
3位 石川直宏 15 FC東京
3位 佐藤寿人 15 サンフレッチェ広島

<浦和・FC東京>後半3分、ゴールを決めた浦和・エジミウソンは喜び爆発

画像:https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/03/15/gazo/G20090315Z00001960.html

 

ブラジル人のエジミウソンは2004~2010年にJリーグアルビレックス新潟浦和レッズでプレーしました(※)。アルビレックス新潟での活躍が認められ、浦和レッズに移籍しました。元日本代表の高原直泰とのポジション争いを制してチームに定着、2009年はリーグ2位の得点を挙げました。2011年は本人は望まない形でしたが、カタールアル・ガラファに移籍しました。

(※)2012年にFC東京、2015年にセレッソ大阪でもプレーしてます。

 

 

■2008シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 マルキーニョス 21 鹿島アントラーズ
2位 ダヴィ 16 コンサドーレ札幌
3位 鄭大世 14 川崎フロンターレ
3位 柳沢敦 14 京都サンガ

画像:https://www.antlers.co.jp/games/2008/j1_26.html

 

マルキーニョス鹿島アントラーズの助っ人外国籍選手の中でもベストな選手の一人でした。2007~2010年の4シーズンに渡り在籍し、2007~2009年はJ1リーグ3連覇に貢献しました。中でも2008年はリーグ得点王を獲得し、MVP、ベストイレブンに選出されるなど大活躍を見せました。

 

 

■2007シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ジュニーニョ 22 川崎フロンターレ
2位 バレー 20 ガンバ大阪
3位 エジミウソン 19 アルビレックス新潟

画像:https://news.livedoor.com/article/image_detail/7992595/?img_id=5242249

 

ジュニーニョは疑いなく川崎フロンターレの最強助っ人ストライカーでした(2003~2011年に在籍)。元日本代表の中村憲剛とのホットライン、そして自身のスピードを活かして多くの得点を挙げました。2006年はJ2で37得点で得点王になり川崎フロンターレのJ1昇格に貢献し、2007年は22得点でJ1で得点王になり、J2/J1連続で個人タイトル獲得となりました。

 

 

■2006シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ワシントン 26 浦和レッズ
1位 マグノ・アウベス 26 ガンバ大阪
2位 ジュニーニョ 20 川崎フロンターレ
3位 ルーカス 18 FC東京
3位 我那覇和樹 18 川崎フロンターレ
3位 佐藤寿人 18 サンフレッチェ広島

画像:https://www.urawa-reds.co.jp/archive/wallpaper/images/629.jpg

 

元ブラジル代表のワシントンは東京ヴェルディから2006年に浦和レッズに加入しました。加入初年からフィジカルを活かして得点を量産し、浦和レッズのJ1初優勝に貢献、得点王に輝きました。なお、同店得点王のマグノ・アウベスとはブラジル代表で2トップを組んだことがある。

 

 

■2005シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 アラウージョ 33 ガンバ大阪
2位 ワシントン 22 東京ヴェルディ
3位 エジミウソン 18 アルビレックス新潟
3位 佐藤寿人 18 サンフレッチェ広島
3位 マグノ・アウベス 18 ガンバ大阪

f:id:NIN-NIKU:20220103203111p:plain

画像:https://soccermagazine.jp/j1/17362137/p2#content-paging-anchor-17362137

 

アラウージョガンバ大阪に在籍したのは2005年の1シーズンのみでしたが、今でもなお語り継がれるストライカーです。優勝が懸かっていたリーグ最終節で勝利を導く得点を挙げて、ガンバ大阪の優勝に貢献しました。アラウージョ自身も33得点でリーグ得点王を獲得、MVPに選出されました。シーズン終了後はブラジル代表を目指すためなどの事情があり、ガンバ大阪とは円満で退団をしました。

 

 

■2004シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 エメルソン 27 浦和レッズ
2位 大黒将志 20 ガンバ大阪
3位 マルケス 17 名古屋グランパス
3位 播戸竜二 17 ヴィッセル神戸

画像:https://soccermagazine.jp/j1/17361735/p2

 

エメルソンは2000年にJ2 コンサドーレ札幌で当時監督をしていた岡田武史の熱望で日本に来ました。コンサドーレ札幌では期待通りに34試合31得点と大活躍し、J1昇格に貢献しました。

浦和レッズには2001~2005年に在籍し、引き続き得点を量産、2004年はリーグ得点王を獲得しました。その活躍により、2005年途中にカタールアル・サッドに引き抜かれました。

 

 

■2003シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ウェズレイ 22 名古屋グランパス
2位 グラウ 21 ジュビロ磐田
3位 エメルソン 18 浦和レッズ

5/5(土・祝)横浜FM戦にウェズレイ氏が来場【名古屋】

画像:https://www.jleague.jp/news/article/11969/

 

ウェズレイは2000途中~2005年に名古屋グランパスに在籍しました。力強いドリブル、強烈なミドルシュートで得点を重ね、2003年に得点王となりました。2015年にはOBとして豊田スタジアムに来場し、クラブとも良好な関係を築いているようです。

ちなみに、2006~2007年はサンフレッチェ広島に在籍し、その際に披露した弓矢を射るゴールパフォーマンスは今でもサンフレッチェ広島の選手やサポーターが用いられます。

 

 

■2002シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 高原直泰 26 ジュビロ磐田
2位 マグロン 22 ガンバ大阪
3位 ウェズレイ 20 名古屋グランパス

190428_3_getty

画像:https://www.footballchannel.jp/2019/04/29/post319392/4/

 

元日本代表の高原直泰は高校卒業後にジュビロ磐田に入団し、2002年まで在籍しました。2002年は中山雅史とコンビを組み得点を量産しリーグ優勝に貢献、得点王とMVPを獲得しました。このとき23歳で今なお最年少得点王です。また、2001年にはアルゼンチンのボカ・ジュニアーズからのオファーで期限付き移籍をしています(その後アルゼンチンの経済不安定により日本に復帰)。

 

■2001シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ウィル 24 コンサドーレ札幌
2位 崔龍洙 21 ジェフユナイテッド市原
2位 ウェズレイ 21 名古屋グランパス
3位 アマラオ 17 FC東京
3位 ニーノ・ブーレ 17 ガンバ大阪

2001年に得点王に輝いたブラジル人助っ人FWウィル【写真:Getty Images】

画像:https://www.football-zone.net/archives/301234

 

ブラジル人のウィルは2001年に期限付き移籍コンサドーレ札幌に加入しました。加入初年度からチームにフィットし、26試合24得点で得点王となりました。Jリーグでブラジル人が得点王になるのはウィルが初めてでした。翌年2002年は横浜FM期限付き移籍し、24試合14得点とこちらでも結果を残しましたが、素行の問題で退団しています。

 

 

■2000シーズン

順位 選手名 得点数 チーム
1位 中山雅史 20 磐田
2位 北嶋秀朗 18
3位 三浦知良 17 京都
3位 柳想鐵 17 横浜FM
3位 ツゥット 17 FC東京

画像: チームは連覇を逃したものの、中山は2ndステージに得点を量産した(写真◎J.LEAGUE)

画像:https://soccermagazine.jp/j1/17360612/p2

 

元日本代表の中山雅史ゴン中山の愛称で呼ばれ、1990年のヤマハ発動機から2020年のアスルクラロ沼津まで長らく日本サッカーでプレーしたレジェンドの一人です。1998年FIFAワールドカップ(フランス大会)では日本人初ゴールを記録しており、続く2002年日韓大会にも出場しました。JリーグではMVP1回、得点王2回、ベストイレブン4回を獲得しています。現在はジュビロ磐田のトップコーチを務めています。

 

 

以上

 

 

■あわせてどうぞ

プレミアリーグの得点王をまとめています。

nin-niku.hatenablog.com

 

セリエAの得点王をまとめています。

nin-niku.hatenablog.com

 

海外サッカーを観るならDAZNがおすすめです。 

nin-niku.hatenablog.com