プレミアリーグ ~ヤフーニュースにもならない小ネタ集め~

NIN-NIKU屋

サッカー、F1、株式投資などに日々の楽しみを書いて参ります。

歴代得点王TOP3 チャンピオンズリーグ(CL)2009年以降まとめ【画像あり】

white stage

2022年6月18日 作成

 

■はじめに

本記事では2009年以降チャンピオンズリーグ(CL)の歴代得点王TOP3をまとめてみました。

多くのゴールを演出してきた名選手をあらためて確認しましょう。

 

 

~海外サッカーを観るならDAZNがオススメ~

DAZN

 

■2021/2022シーズン (優勝:レアル・マドリード)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 カリム・ベンゼマ 15 レアル・マドリード
2位 ロベルト・レヴァンドフスキ 13 バイエルン・ミュンヘン
3位 セバスティアン・ハラー 11 アヤックス

画像:https://sportsaxle.com/karim-benzema-debut-teams-net-worth-goals-and-records/

 

カリム・ベンゼマはこのシーズン、チャンピオンズリーグ12試合出場し、トップとなる15得点を挙げてレアル・マドリードの優勝に貢献しました。ベストイレブンにも当然入り、ベンゼマ個人としては何と5回目の優勝経験となりました。ベンゼマはブラジルの若き至宝 ヴィニシウスと強力なコンビを組み、ラ・リーガも優勝しています。

 

 

■2020/2021シーズン (優勝:チェルシー)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 アーリング・ハーランド 10 ドルトムント
2位 キリアン・エムバペ 8 パリ・サンジェルマン
3位 ネイマール 6 パリ・サンジェルマン
3位 オリヴィエ・ジルー 6 ACミラン
3位 マーカス・ラッシュフォード 6 マンチェスター・ユナイテッド
3位 カリム・ベンゼマ 6 レアル・マドリード
3位 アルバロ・モラタ 6 ユヴェントス
3位 ハメド・サラー 6 リヴァプール
3位 ユセフ・エン=ネシリ 6 セビージャ

Dortmund's chief executive insists there is no release clause that would allow Haaland to leave the club next summer

画像:https://www.90min.com/posts/borussia-dortmund-chief-executive-dismisses-talk-of-erling-haaland-2021-release-clause

 

ノルウェー代表のアーリング・ハーランドのドルトムント時代の活躍です。ネイマール、エムバペという名立たる選手を抑えてのCL得点ランキング1位です。ブンデスリーガではバイエルンに優勝を譲りましたが、ポカール決勝(国内カップ戦)は2得点を挙げて優勝に貢献しました。実は父親も元サッカー選手で、1994年W杯にノルウェー代表として出場したアルフ・インゲ・ハーランドです。

 

 

■2019/2020シーズン (優勝:バイエルン・ミュンヘン)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ロベルト・レヴァンドフスキ 15 バイエルン・ミュンヘン
2位 アーリング・ハーランド 10 ドルトムント
3位 セルジュ・ニャブリ 9 バイエルン・ミュンヘン

The Polish forward is the Champions League's top marksman this season

画像:https://www.90min.com/posts/robert-lewandowski-champions-league-goals-2019-20-season-ranked

 

2010年代最後のチャンピオンズリーグの得点王となったのはポーランドが誇る大ストライカロベルト・レヴァンドフスキです。2010年代はどうしてもクリスティアーノ・ロナウドとメッシの時代というイメージが強いですが、この二人に次いで多く得点をしたのはレヴァンドフスキです。また、このシーズンはブンデスリーガ新記録となる11試合連続得点を記録しました。

 

 

■2018/2019シーズン (優勝:リヴァプール)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 リオネル・メッシ 12 バルセロナ
2位 ドゥシャン・タディッチ 9 アヤックス
3位 ロベルト・レヴァンドフスキ 8 バイエルン・ミュンヘン

Barcelona v Valencia - Spanish Copa del Rey Final

画像:https://www.barcablaugranes.com/2019/8/15/20806860/lionel-messi-shortlisted-for-2018-19-uefa-mens-player-of-the-year-award

 

優勝こそはリヴァプールに譲りましたが、個人として得点王を獲得したのはメッシです。このシーズンは10月に3週間の離脱(骨折)があったものの、得点を量産するのはさすがの一言。チャンピオンズリーグだけでなく、ラ・リーガでも得点王(通算6度目)を獲得しています。

 

 

■2017/2018シーズン (優勝:レアル・マドリード)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 クリスティアーノ・ロナウド 15 レアル・マドリード
2位 ロベルト・フィルミーノ 11 リヴァプール
2位 ハメド・サラー 11 リヴァプール
3位 サディオ・マネ 10 リヴァプール
3位 ウィサム・ベン・イェデル 10 セビージャ

画像

画像:https://twitter.com/realmadridjapan/status/1000509713904226305

 

2017/2018シーズンのチャンピオンズリーグレアル・マドリードが3年連続で優勝を決めています。果たしてこの先、3年連続優勝を超えるクラブが現れるのか、それくらい偉大な記録です。そんなクラブのエースがクリスティアーノ・ロナウドです。2009年にマンチェスター・ユナイテッドから加入してからレアル・マドリードに数多くのタイトルをもたらしましたが、2018年夏にユベントスに移籍してしまいました。

 

 

■2016/2017シーズン (優勝:レアル・マドリード)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 クリスティアーノ・ロナウド 12 レアル・マドリード
2位 リオネル・メッシ 11 バルセロナ
3位 ロベルト・レヴァンドフスキ 8 バイエルン・ミュンヘン
3位 セルヒオ・アグエロ 8 マンチェスター・シティ
3位 エディンソン・カバーニ 8 パリ・サンジェルマン

Sergio Aguero, Man City

画像:https://www.premierleague.com/news/106841

 

モナコに敗れてベスト16に留まったマンチェスター・シティから、元アルゼンチン代表のセルヒオ・アグエロが得点ランキング3位に入りました。このシーズンから背番号を10に変更して名実ともにチームのエースであり、プレミアリーグを代表する万能ストライカーでした。

また、レアル・マドリードはこれまでどのクラブも達成することの出来なかった2年連続のチャンピオンズリーグ優勝を達成しています。

 

 

■2015/2016シーズン (優勝:レアル・マドリード)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 クリスティアーノ・ロナウド 16 レアル・マドリード
2位 ロベルト・レヴァンドフスキ 9 バイエルン・ミュンヘン
3位 エラン・ザハヴィ 8 マッカビ・テルアビブ
3位 ルイス・スアレス 8 バルセロナ
3位 トーマス・ミュラー 8 バイエルン・ミュンヘン

画像:https://www.maccabi-tlv.co.il/en/2016/06/voted-eran-zahavi-201516-player-season/

 

イスラエル代表のエラン・ザハヴィはイスラエルのテルアビブを本拠地に持つマッカビ・テルアビブの選手です。マッカビ・テルアビブイスラエルのリーグおよびカップ戦で最多優勝を誇る名門であり、ザハヴィは2013-2016年に在籍し98得点を挙げています。2016年の退団後は中国の広州富力、オランダのPSVアイントフォーヘンで活躍しています。

 

 

■2014/2015シーズン (優勝:バルセロナ)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 ネイマール 10 バルセロナ
1位 リオネル・メッシ 10 バルセロナ
1位 クリスティアーノ・ロナウド 10 レアル・マドリード
2位 ルイス・アドリアーノ 9 シャフタール・ドネツク
3位 ダヴィト・ラファタ 8 スパルタ・プラハ
3位 ジャクソン・マルティネス 8 ポルト

Neymar – Neymar 2014/15 Goals (All Competitions) | Genius

画像:https://genius.com/Neymar-neymar-2014-15-goals-all-competitions-annotated

 

優勝したバルセロナからネイマールとメッシの両エースがそろって得点王になりました。2014/2015シーズンのバルセロナはここにスアレスを加えたMSN(メッシ・スアレスネイマール)の3トップの破壊力が抜群で、ラ・リーガコパ・デル・レイも優勝しました。

 

 

■2013/2014シーズン (優勝:レアル・マドリード)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 クリスティアーノ・ロナウド 17 レアル・マドリード
2位 ズラタン・イブラヒモビッチ 10 パリ・サンジェルマン
3位 ジエゴ・コスタ 8 アトレティコ・マドリード
3位 リオネル・メッシ 8 バルセロナ

Zlatan Ibrahimovic (Leverkusen-PSG), Ligue des champions 2013-2014

画像:Bayer Leverkusen - PSG (0-4) : "Pour remettre Zlatan en question, il fallait oser" - Eurosport

 

パリ・サンジェルマンイブラヒモビッチにとって7つ目のクラブです。プロデビューを飾ったマルメ(スウェーデン)⇒アヤックスユヴェントスインテルバルセロナミランパリ・サンジェルマンの流れです。アヤックス以降順調にステップアップ&ビッグクラブで活躍し続けるのは、バルセロナのみで輝きを見せるメッシとは対照的な印象です。

 

 

■2012/2013シーズン (優勝:バイエルン・ミュンヘン)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 クリスティアーノ・ロナウド 12 レアル・マドリード
2位 ロベルト・レヴァンドフスキ 10 バイエルン・ミュンヘン
3位 ラク・ユルマズ 8 ガラタサライ
3位 トーマス・ミュラー 8 バイエルン・ミュンヘン
3位 リオネル・メッシ 8 バルセロナ

Burak 100'ler kulübünde

画像:https://beinsports.com.tr/haber/burak-100ler-kulubunde

 

トルコ代表のブラク・ユルマズは2022年のプロデビュー以降主にトルコのクラブで活躍した選手です。中でも2012-2016年に在籍したトルコの強豪ガラタサライでは105試合65得点と大活躍し、3度のリーグ優勝を果たしました。チャンピオンズリーグでも2012/2013シーズンに得点ランキング3位に入る8得点を挙げて、チームのベスト8入りに貢献しました。

 

 

■2011/2012シーズン (優勝:チェルシー)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 リオネル・メッシ 14 バルセロナ
2位 マリオ・ゴメス 13 バイエルン・ミュンヘン
3位 クリスティアーノ・ロナウド 10 レアル・マドリード

画像:https://sportmob.com/en/article/945176-Mario-Gomez-Biography

 

スーパーマリオのあだ名を持つ元ドイツ代表のマリオ・ゴメスが2011/2012シーズンの得点ランキング2位に入りました。バイエルンには2009-2013年に在籍し、トーマス・ミュラーマリオ・マンジュキッチなどとレギュラー争いを繰り広げました。なお、2020年の引退後の現在はレッドブルグループの国際テクニカルディレクターを務めています。

 

 

■2010/2011シーズン (優勝:バルセロナ)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 リオネル・メッシ 12 バルセロナ
2位 クレオ 10 パルチザン
3位 マリオ・ゴメス 8 バイエルン・ミュンヘン
3位 サミュエル・エトー 8 インテル・ミラノ

写真の説明はありません。

画像:https://www.facebook.com/Cleverson-Gabriel-Cordova-CLEO-65995363482963/photos/165995760149590

 

ブラジル人FWのクレオはヨーロッパではセルビアのライバルクラブであるレッドスターパルチザンの両クラブに所属した珍しい選手です。パルチザンでは3シーズン在籍し、2009/2010シーズンはリーグ優勝に貢献しました。また、2013年は柏レイソルにてJリーグでもプレーしました。

 

 

■2009/2010シーズン (優勝:インテル・ミラノ)

順位 選手名 得点数 チーム
1位 リオネル・メッシ 8 バルセロナ
2位 リサンドロ・ロペス 7 リヨン
2位 イヴィツァ・オリッチ 7 バイエルン・ミュンヘン
2位 クリスティアーノ・ロナウド 7 レアル・マドリード
3位 ディエゴ・ミリート 6 インテル・ミラノ

Lisandro López

画像:https://www.listal.com/viewimage/1472656

 

元アルゼンチン代表のリサンドロ・ロペスは2009年にFCポルト(ポルトガル)からリヨン(フランス)に移籍しました。リヨンとしてはこの年にレアル・マドリードに移籍したカリム・ベンゼマの後釜として期待しての獲得でした。最終的にリサンドロ・ロペスはリヨンに4シーズン在籍し、このうち2009/2010シーズンのチャンピオンズリーグでは得点ランキング2位に入りチームのベスト4入りに貢献しました。

 

 

以上

 

 

■あわせてどうぞ

歴代アシストランキングをまとめています。

nin-niku.hatenablog.com

 

 

海外サッカーを観るならDAZNがおすすめです。 

nin-niku.hatenablog.com