プレミアリーグ ~ヤフーニュースにもならない小ネタ集め~

NIN-NIKU屋

サッカー、F1、株式投資などに日々の楽しみを書いて参ります。

歴代アシスト王TOP3 ラ・リーガ2009年以降まとめ【画像あり】

white stage

2021年8月22日 作成

2022年5月26日 更新

 

■はじめに

本記事では2009年以降スペイン ラ・リーガ(リーガ・エスパニョール)の歴代アシスト王TOP3をまとめてみました。

多くのゴールを演出してきた名選手をあらためて確認しましょう。

 

DAZN

 

 

■2021/2022シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 ウスマン・デンベレ 13 バルセロナ
2位 カリム・ベンゼマ 12 レアル・マドリード
3位 ジョルディ・アルバ 10 バルセロナ
3位 ヴィニシウス・ジュニオール 10 レアル・マドリード
3位 ダニエル・パレホ 10 ビジャレアル
3位 イケル・ムニアイン 10 アスレティック・ビルバオ

画像:Agent of Liverpool target Dembele makes staggering admission

 

デンベレは2017夏に移籍したネイマールの代わりとして高額な移籍金(1億5000万ユーロ+ボーナス)でドルトムントからバルセロナへ移籍しました。移籍時にドルトムントと揉めたり、バルセロナでも遅刻癖が治らず、このシーズン開幕前は放出候補でした。しかしシーズン途中で就任したシャビ監督のおかげか最終的にはラ・リーガ アシスト王を獲得し、バルセロナのリーグ2位に貢献しました。ただ、相変わらず残留するかは不透明な状態が続いているようです。

 

 

■2020/2021シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 イアゴ・アスパス 13 セルタ
2位 マルコス・ジョレンテ 11 アトレティコ・マドリード
3位 トニ・クロース 10 レアル・マドリード
3位 ヤニック・カラスコ 10 アトレティコ・マドリード

決定力と確実性を兼備する“必殺仕事人” 33歳でも輝き続けるアスパスの衝撃|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

 画像:https://www.theworldmagazine.jp/20201216/01world/spain/300788

 

2015年にリヴァプールからセルタに戻った大ベテラン(当時34歳)のイアゴ・アスパス。リーガアシスト王だけでなく、リーガ通算100ゴール(209試合)を達成するなど大活躍したシーズンでした。

 

 

■2019/2020シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 リオネル・メッシ 21 バルセロナ
2位 ミケル・オヤルサバル 11 レアル・ソシエダ
3位 サンティ・カソルラ 10 ビジャレアル

画像:https://news.livedoor.com/article/image_detail/17568857/?img_id=23578185

 

2019/2020シーズンは25得点21アシストで、ラ・リーガ得点王&アシスト王を獲得し、メッシ個人としては十二分に活躍したシーズンでした。また、バルセロナにて通算700ゴールを達成しています。しかし、チームとしては12年ぶりに無冠と終わり、特にチャンピオンズリーグでは準々決勝でバイエルン相手に2-8の大敗で敗退するなど苦しみました。

 

 

■2018/2019シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 パブロ・サラビア 13 セビージャ
1位 リオネル・メッシ 13 バルセロナ
2位 ホニー・ロドリゲス 10 デポルティーボ・アラベス
2位 サンティ・カソルラ 10 ビジャレアル
3位 ウィサム・ベン・イェデル 9 セビージャ
3位 ホセ・カンパーニャ 9 レバンテ
3位 アントワーヌ・グリーズマン 9 アトレティコ・マドリード

f:id:NIN-NIKU:20210822111023p:plain

画像:https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20190623/950960.html

 

12得点13アシストという素晴らしい結果を残したパブロ・サラビア。活躍が認められ、シーズン終了後にパリ・サンジェルマンへ移籍しました。

 

 

■2017/2018シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 ルイス・スアレス 12 バルセロナ
1位 リオネル・メッシ 12 バルセロナ
1位 コケ 12 アトレティコ・マドリード
2位 カルム・ベンゼマ 10 レアル・マドリード
3位 ダニエル・ヴァス 9 セルタ
3位 ピオーネ・シスト 9 セルタ
3位 ゴンサロ・ゲデス 9 バレンシア
3位 アントワーヌ・グリーズマン 9 アトレティコ・マドリード

f:id:NIN-NIKU:20210822111617p:plain

画像:https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20180808/808112.html

 

リーグ優勝したバルセロナのメッシ、スアレスと並んで、リーグ2位のアトレティコ・マドリードからコケが堂々の同率1位を獲得しました。

 

 

■2016/2017シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 ルイス・スアレス 13 バルセロナ
2位 トニ・クロース 12 レアル・マドリード
3位 ネイマール 11 バルセロナ

オーバーヘッドで先制点を決めたルイス・スアレス(2017年4月5日)

画像: https://cyclestyle.net/article/2017/04/07/47057.html

 

チームは残念ながら2位でしたが、ルイス・スアレス個人はアシスト王に加えて、得点ランキングも2位(1位はメッシ)を獲得しました。

 

 

■2015/2016シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 リオネル・メッシ 16 バルセロナ
1位 ルイス・スアレス 16 バルセロナ
2位 コケ 14 アトレティコ・マドリード
3位 ネイマール 12 バルセロナ

メッシ、2016年は5G2A。”ほぼ”全得点に絡む異次元の活躍でバルサ牽引

画像: https://www.footballchannel.jp/2016/01/10/post131643/

 

リーグ優勝したバルセロナから同数1位のメッシとスアレス、さらに3位のネイマールバルセロナがアシストランキングの上位を独占しました。メッシ自身はクリスティアーノ・ロナウドを抑えて5回目となるバロンドールを受賞しました。

 

 

■2014/2015シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 リオネル・メッシ 18 バルセロナ
2位 クリスティアーノ・ロナウド 16 レアル・マドリード
3位 ルイス・スアレス 14 バルセロナ

画像: https://web.gekisaka.jp/news/detail/?179928-179928-fl

 

得点王こそクリスティアーノ・ロナウドに譲りましたが、自身2度目のアシスト王獲得したメッシ。2014/2015シーズンはバルセロナにて史上初のラ・リーガ、国王杯、チャンピオンズリーグの3冠を達成しました。一方で代表初タイトルを目指したコパ・アメリカ2015ではチリとの決勝戦PK戦までもつれ込むも惜しくも敗れてしまいました。

 

 

■2013/2014シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 アンヘル・ディ・マリア 17 レアル・マドリード
2位 セスク・ファブレガス 13 バルセロナ
2位 コケ 13 アトレティコ・マドリード
3位 ガレス・ベイル 12 レアル・マドリード
3位 カルロス・ベラ 12 レアル・ソシエダ
3位 マルケル・スサエタ 12 アスレティック・ビルバオ

f:id:NIN-NIKU:20210822120940p:plain

画像:https://www.afpbb.com/articles/-/3024139

 

リーグ優勝はライバルのアトレティコ・マドリードに譲りましたが、アシスト王はレアル・マドリードディ・マリアが獲得しました。シーズン終了後はマンチェスターUに移籍しました。

 

 

■2012/2013シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 アンドレス・イニエスタ 16 バルセロナ
2位 メスト・エジル 15 レアル・マドリード
3位 カリム・ベンゼマ 12 レアル・マドリード
3位 リオネル・メッシ 12 バルセロナ

f:id:NIN-NIKU:20210822122550p:plain

画像: https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20130919/135810.html

 

2010/2011シーズンは歴史的な勝ち点100を積み上げてバルセロナが優勝しました。得点王も同じバルセロナから46点でメッシが獲得しました。

 

 

■2011/2012シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 メスト・エジル 19 レアル・マドリード
2位 リオネル・メッシ 18 バルセロナ
3位 アンヘル・ディ・マリア 15 レアル・マドリード

画像:https://blog.goo.ne.jp/pale-mint/e/77945818c2bf95c884739ab3c466606f

 

レアル・マドリードの10番、ドイツ代表の8番のメスト・エジルが前シーズンと同じくメッシとアシスト王を競い合いました。2013年にアーセナルに移籍したときは、素晴らしいコンビを見せていたクリスティアーノ・ロナウドに「エジル退団は最悪のニュース」とまで言わせました。

 

 

■2010/2011シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 リオネル・メッシ 21 バルセロナ
2位 メスト・エジル 19 レアル・マドリード
3位 ダニエウ・アウベス 15 バルセロナ
3位 アンヘル・ディ・マリア 15 レアル・マドリード

バルサFWメッシ【写真:Getty Images】

画像: https://www.football-zone.net/archives/169169

 

2010/2011シーズンにエジルとの争いを制し、初のアシスト王を獲得したメッシ。ポジションは0トップながら得点だけでなく(ラ・リーガ得点王も獲得)、ダビド・ビジャなど周りの得点のお膳立てもしました。

 

 

■2009/2010シーズン

順位 選手名 アシスト数 チーム
1位 シャビ・エルナンデス 15 バルセロナ
2位 ダニエウ・アウベス 10 バルセロナ
2位 チョリ・カストロ 10 マジョルカ
3位 ペドロ・レオン 9 ヘタフェ
3位 ヘスス・ナバス 9 セビージャ
3位 クリスティアーノ・ロナウド 9 レアル・マドリード
3位 リオネル・メッシ 9 バルセロナ
3位 マルセロ 9 レアル・マドリード
3位 ペドロ・ムニティス 9 ラシン・サンタンデール

m_EFBD98EFBD81EFBD96EFBD89.jpg

画像:https://cafefabulous2.blog.ss-blog.jp/_pages/user/iphone/article?name=2011-04-30-188

 

バルセロナのパスサッカー、いわゆる「ティキ・タカ」の中心といえばシャビ・エルナンデスでした。グアルディオラ監督のもとに繰り広げられるサッカーは世界中から称賛されました。そのシャビは2022年に監督として再びバルセロナに貢献することになります。

 

 

 

以上

 

 

■あわせてどうぞ

歴代アシストランキングをまとめています。

nin-niku.hatenablog.com

 

 

海外サッカーを観るならDAZNがおすすめです。 

nin-niku.hatenablog.com